サインオンポリシー ルールに行動を追加する

既存のサインオンポリシールールに行動を追加します。ルールをトリガーするには、行動に加えてルールのすべての条件を満たす必要があります。

このタスクを開始する

  1. Okta Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)]>[Authentication(認証)]に移動します。

  2. [Sign On(サインオン)]を選択します。
  3. 行動を追加するルールの横の[Edit rule(ルールの編集)]をクリックします。
  4. [And behavior is(行動)]フィールドに、作成済みの既存の行動の名前を入力します。行動名の入力を開始します。一致するすべての定義済みの行動のドロップダウンリストが表示され、そこから行動を選択できます。
    • 複数の行動を追加するときは、OR条件を使用します。
    • 追加すると、ルールで定義されているその他の項目に加えて、この行動が評価されるようになります。
  5. [Then access is(アクセスの可否)]セクションで[Allowed(許可)]条件を指定します。

    行動条件に基づいてユーザーのアクセスを拒否することはできません。この制限は、正当なユーザーのアカウントがロックアウトされるのを防ぐのに役立ちます。アクセスは、多要素認証が失敗した場合にのみ拒否されます。

  6. [Create Rule(ルールを作成)]をクリックします。

関連項目

Oktaサインオンポリシーについて