リソース・セットを編集する

これは早期アクセス機能です。有効にするには、Okta管理コンソールで[設定] > [機能]に移動し、[カスタム管理者ロール]をオンにします。

開始する前に

タスクの開始

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [管理者]

  2. [リソース]タブに移動します。[リソース]タブには、以前に作成したリソース・セットとその説明のリストが表示されます。

  3. 変更するリソース・セットで、[編集]をクリックします。リソース・セットを削除するには、[リソース・セットを削除する]をクリックします。

  4. ドロップダウン・ボックスから、[リソース・セットを編集する]を選択します。

  5. リソース・セットの現在の管理者割り当てを表示します。

  6. [続行]をクリックしてリソース・セットを編集します。[リソース]タブに戻るには、[キャンセル]をクリックします。

  7. [新しいリソース・セットを作成する]ページで、必要に応じてユーザー・リソースとグループ・リソースを変更します。

    注

    より効率的なロールを作成するには、ツールヒントの手順に従ってください。

  8. [リソース・セットを保存]をクリックします。リソース・セットが編集されて使用可能であることを示す確認メッセージが表示されます。変更が保存されていない場合、エラー・メッセージが表示されます。メッセージの指示に従い、再試行してください。

注

Oktaから提供されたグループ、ADから提供されたグループ、およびLDAPから提供されたグループをリソースとして使用できます。ただし、次の権限はADから提供されたグループおよびLDAPから提供されたグループに対しては適用されません。

  • ユーザーを作成する

  • ユーザーのオーセンティケーター操作を管理する

  • ユーザーのプロファイル属性を編集する

  • グループ・メンバーシップを管理する

次の手順

リソース・セットを使用して管理者の割り当てを作成する