エラー・ページの指定

OktaがソーシャルIdPログイン、インバウンドSAML アサーション、またはIWA SSOトークンの処理に失敗した場合にユーザーがリダイレクトされるエラー・ページを指定できます。インバウンドSAMLの構成のこの部分はオプションです。

開始する前に

エラー・ページを指定する前に、次のタスクを完了してください。

SAML IDプロバイダーの追加

IDプロバイダーのメタデータの追加

このタスクを開始する

  1. 管理コンソールで、[セキュリティー] > に移動します [IDプロバイダー]
  2. [IDプロバイダーを追加]ボタンの横にある歯車アイコンをクリックします。
  3. 以下の設定を構成します。
    • [デフォルトのOktaエラー・ページを使用]: ユーザーはデフォルトのOktaエラー・ページにリダイレクトされます。
    • [カスタム・エラー・ページを使用]: ユーザーはカスタム・エラー・ページの完全修飾URLにリダイレクトされます。このオプションは、Oktaをソリューションに組み込み、エンドツーエンドのブランディングを制御してエンド・ユーザー・エクスペリエンスを向上させたい場合に便利です。指定するカスタム・エラー・ページは、組織内のすべてのIdPおよびIWAユーザーに適用されます。
  4. [保存]をクリックします。

注

カスタム・エラー・ページの設定は、不明なユーザーまたはJITエラーによって発生したサインイン・エラーには適用されません。このような場合、ユーザーはOktaサインイン・ページにリダイレクトされます。