Google認証システム(MFA)

Google認証システムは、多要素認証(MFA)が必要な環境にサインインするユーザーに、認証の第2要素として時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP)を提供するアプリです。

Oktaで、管理者は受け入れられる要素のリストにGoogle認証システムを追加します。その後、これを選択して認証するユーザーは、OktaGoogle認証システムアプリに表示される時間ベースの6桁コードの入力を求められるようになります。

Google認証システムを要素として追加

  1. 管理コンソールで、[Security(セキュリティ)]>[Multifactor(多要素)]に移動します。
  2. [Factor Types(要素タイプ)]で、Google認証システムをクリックします。
  3. 右上の[Inactive(非アクティブ)] をクリックして、[Activate(アクティベート)]を選択します。
  4. Google認証システムを多要素ポリシーに登録します。

Google認証システムを多要素ポリシーに登録する

  1. 管理コンソールで、[Security(セキュリティ)]>[Multifactor(多要素)]に移動します。
  2. [Factor Enrollment(要素登録)]タブで、新しい多要素ポリシーを追加するか、既存の多要素ポリシーを編集します。

ポリシーを追加する

  1. [Add Multifactor Policy(多要素ポリシーを追加)]をクリックします。
  2. 名前を入力します。
  3. グループに割り当てます。
  4. Google認証システム[Optional(任意)]または[Required(必須)]に設定します。
  5. [Create Policy(ポリシーを作成)]をクリックします。
  6. ポリシーに1つ以上のルールを追加する場合は、「多要素認証登録ポリシールールの構成」を参照してください。

ポリシーを編集する

  1. 編集するポリシーを選択し、[Edit(編集)]をクリックします。
  2. [Effective factors(有効な要素)]で、Google認証システム[Optional(任意)]または[Required(必須)]に設定します。
  3. [Update Policy(ポリシーを更新)]をクリックします。
  4. ポリシーに1つ以上のルールを追加する場合は、「多要素認証登録ポリシー・ルールの構成」を参照してください。

エンドユーザーエクスペリエンス

  1. Apple App StoreまたはGoogle Playストアに移動して、デバイスにGoogle認証システムをインストールします。
  2. コンピューターのWebブラウザーで:Oktaにサインインする場合、またはOktaで保護されたリソースにアクセスする場合は、資格情報を入力し、[Next(次へ)]をクリックします。
  3. [Setup security authenticators(セキュリティオーセンティケーターのセットアップ)]画面で、[Set up(設定)]をクリックします。
  4. デバイスの種類を選択し、[Next(次へ)]をクリックします。
  5. 該当するQRコードスキャン手順を実行します。

    デバイスがQRコードのスキャンをサポートしている場合:

    1. ブラウザーの[Next(次へ)]はまだクリックしないでください。代わりに、モバイルデバイスでGoogle認証システムを起動します。
    2. Google認証システムで、+記号をタップします。
    3. [Scan a QR code(QRコードをスキャン)]をタップして、コンピューターのブラウザーに表示されたQRコードにカメラを向けます。デバイスのカメラがQRコードを自動的にスキャンします。
    4. コンピューターのWebブラウザーで、[Next(次へ)]をクリックします。
    5. [Enter Code(コードを入力)]フィールドに、モバイルデバイスのGoogle認証システムに表示されるセットアップキーを入力します。
    6. [Review(確認)]をクリックします。

    QRコードをスキャンできない場合:

    1. ブラウザーの[Next(次へ)]はまだクリックしないでください。
    2. コンピューターのWebブラウザーで、[Can’t scan(スキャンできない)]をクリックします。
    3. [Next(次へ)]ボタンの上のフィールドにある数字と文字の文字列を書き留めます。
    4. モバイルデバイスでGoogle認証システムを起動します。
    5. +記号をタップします。
    6. [Enter a setup key(セットアップキーを入力)]をタップします。
    7. [Account(アカウント)]フィールドに、Oktaユーザー名を入力します。
    8. [Key(キー)]フィールドに、前にメモした数字と文字の文字列を入力します。
    9. [Add(追加)]をタップします。[Secret saved(シークレットは保存されました)]というメッセージが表示されます。
    10. コンピューターのWebブラウザーで、[Next(次へ)]をクリックします。
    11. [Enter Code(コードを入力)]フィールドに、モバイルデバイスのGoogle認証システムに表示されるセットアップキーを入力します。
    12. [Verify (確認)]をクリックします。

重要な考慮事項

  • 許容されるクロックスキューは2分です。つまり、Google認証システムでは、エンドユーザーのデバイスのクロックがアプリのクロックと±2分違っても許容されます。

  • 認証試行に5回失敗すると、各試行間の時間間隔にかかわらず、ユーザーアカウントはロックされ、管理者によるリセットが必要になります。