IPゾーンの作成

一連のIPの周りにネットワーク境界を定義するIPゾーンを作成します。IPゾーンはゲートウェイIPとプロキシIPで構成されます。

IPゾーンを設定する際には、以下の情報を考慮してください。

  • IPゾーンを設定するときには、少なくとも1つのゲートウェイまたはプロキシが必要です。
  • [Block access from IPs matching conditions listed in this zone(このゾーンにリストされている条件に一致するIPからのアクセスをブロックする)]を選択すると、 そのゾーン内のIPを含むIPチェーンのOktaへのアクセスがブロックされます。

  • 1つのブロックされたゾーンに最大1000個のIP、IP範囲、CIDRまで、すべてのIPゾーンでは合計最大25000個まで追加できます。

  • 1つのブロックされていないゾーンには、最大150個のIP、IP範囲、CIDR、および最大150個のプロキシIP、IP範囲、CIDRを追加できます。

IPゾーンの作成

  1. 管理コンソールで [Security(セキュリティ)] > [Networks(ネットワーク)]に移動します。

  2. [Add Zone(ゾーンを追加)] ダイアログで [IP Zone(IPゾーン)]を選択します。
  3. [Zone Name(ゾーンの名前)]で、IPゾーンの名前を入力します。
  4. オプション。一致するIPがOktaにアクセスするのを防止するために [Block access from IPs matching conditions listed in this zone(このゾーンにリストされている条件に一致するIPからのアクセスをブロックする)] を選択します。
  5. ゲートウェイIPアドレスとプロキシIPアドレスを入力します。新しい行またはコンマ区切りのIPおよびIP範囲。1つのIP、IP範囲、またはCIDR表記を追加できます。
  6. [Save(保存)]をクリックします。

関連項目

IPゾーンについて

ネットワーク ゾーンについて

システムログからIPをネットワーク ゾーンに追加