Device Trust for Windows DesktopのRegistration Taskのバージョン履歴

このページには、Okta Device Trust for Windows DesktopのRegistration Taskの現在のバージョンと過去のバージョンが記録されます。このページは、Taskの新しいバージョン(一般提供(GA)または早期アクセス(EA)、あるいはその両方)がリリースされるたびに更新されます。 Registration Taskの一般提供バージョンは、Okta管理コンソールの[ダウンロード]ページ([設定] > [ダウンロード])からダウンロードできます。

情報

Registration Taskの一般提供バージョンは、管理コンソールの[設定] > [ダウンロード]ページから入手できますが、早期アクセス・バージョンは入手できません。早期アクセス・バージョンを取得するには、ドキュメント 管理対象のWindowsコンピューター用のOkta Device Trustを実行するの説明に従ってリンクを構成する必要があります。「手順」のセクション2.2を参照してください。

このデバイスの信頼ソリューションの詳細については、 管理対象のWindowsコンピューター用のOkta Device Trustを実行するを参照してください。

現在のGAバージョン 1.4.1
現在のEAバージョン

バージョン

説明

リリース

1.4.1

この一般提供リリースでは、以下の問題が修正されました。

  • sAMAccountNameにスペースが含まれている場合、Okta Device Registration Taskのインストール時にエラーが表示され、インストールは完了しても機能しませんでした。
  • Okta Device Registration MSIファイルをダブルクリックすると、「不明な発行元」という警告が表示されました。

影響を受けるお客様は、Registration Taskをアンインストールし、1.4.1以降をインストールする必要があります。詳細については、 2.2 :Device Registration Taskの取得とインストール を参照してください。

GA - 2020.12.0

EA - 2020.0.2.0

1.4.0

この早期アクセス・バージョンでは以下が提供されます。

  • TPMを備えたWindows 10デバイスでのTrusted Platform Module(TPM 1.2または2.0)のサポート。管理者のアクションが必要です。インストール手順とその他の詳細については、Trusted Platform Module(TPM)によるWindows Device Trustのセキュリティー強化を参照してください。
  • Device Registration Taskのアンインストール時にChromeブラウザーの設定が削除される問題が修正されました。
  • 特定の状況でDevice Registration Taskをアンインストールすると、Chromeの証明書自動選択の設定が失敗する問題が修正されました。この設定は、デバイスの信頼のフロー中に、エンド・ユーザーがブラウザーから証明書の選択を求められないようにするために設計されています。
2019.09.0
1.3.1

この早期アクセス・バージョンでは以下が提供されます。

  • 証明書の更新が確実に成功するように、秘密鍵の処理が改善されました。
  • 証明書の更新に失敗するとコンピューターが不正な状態になる可能性があるという以前のバージョンの問題を修正するために、このバージョンでは、管理者がコンピューターごとに証明書の更新をトリガーできます。詳細については、「管理対象のWindowsコンピューター用のOkta Device Trustを実行する」を参照してください。
2019.03.3
1.3.0

この一般提供バージョンでは以下が提供されます。

  • プロキシー・サーバーを介してインターネット・トラフィックをルーティングする組織のサポートが改善されました。
  • 一部のDevice Trust syslogイベントで、Windows 8.1以降を実行しているWindowsデスクトップでWindowsオペレーティング・システムのバージョンが不正確に報告される問題が修正されました。
2019.1.0
1.2.2

この早期アクセス・バージョンでは以下が提供されます。

  • プロキシー自動構成(PAC)ファイルで複雑なプロキシー構成ルールが定義されている組織では、サーバー・アドレスの代わりにPACの場所を指定できるようになりました。詳細については、「管理対象のWindowsコンピューター用のOkta Device Trustを実行する」を参照してください。
  • 32ビット・バージョンのInternet Explorerを使用するエンド・ユーザーに、Device Trust証明書のインストール・プロンプトが表示されないようになりました。
2018.38
1.2.1

この早期アクセス・バージョンでは以下が提供されます。

  • プロキシー・サーバーを実装する環境のサポート。
  • UIベースのインストール中にOkta URLを入力する際の入力検証が改善されました。
2018.14
1.2.0この早期アクセス・バージョンでは、Transport Layer Security(TLS)1.2のサポートが追加されています。 2017.51
1.1.0この早期アクセス・バージョンでは、タスクがWifiやVPN接続などのネットワーク状態の変化を検知したときに、証明書登録プロセスをトリガーするためのサポートが追加されています。 2017.45
1.0.1

最初の早期アクセス・バージョン。

2017.33