レート制限の通知の設定

すべての管理者は、組織全体のレート制限の使用状況に関するメールを受け取るほか、管理コンソールにも通知バナーが表示されます。 「レート制限の概要」を参照してください。

注

管理者には、クライアントおよび操作ベースのレート制限の使用状況に関する通知は届きません。

これらの通知は、警告や違反のフラグを立てるものです。

  • 組織のレート制限使用がしきい値を超えると警告が表示されます。現在このしきい値は、API製品では60%、Workforce製品では90%に設定されています。

  • 違反が表示されるのは、組織のレート制限使用が100%に達したときです。

これらの通知からレート制限ダッシュボードにアクセスして、各エンドポイントのレート制限や現在の使用状況を把握・調査することができます。「レート制限ダッシュボード」をご覧ください。

注

レート制限ダッシュボードは、早期アクセス機能です。これを有効にするには、早期アクセス機能とベータ機能の管理 で説明した早期アクセス機能マネージャーを使用します。

開始する前に

  • 管理者としてサインインしていることを確認してください。

このタスクを開始する

レートリミット通信を設定するには:

  • 管理コンソールで、[設定] > に移動します [Account (アカウント)]に進みます。

  • [Rate Limit Communications (レート制限通信)]セクションで[Edit (編集)]をクリックします。

  • [Enable Rate Limiting Communications (レート制限通信を有効にする)]チェックボックスを選択すると、管理コンソールに表示される通知バナーや、組織全体のレート制限の使用状況に関するメールが有効になります。

  • [Save(保存)]をクリックします。

レート制限警告・違反通知メールのサブスクライブ解除

  1. 通知を有効にすると、[Rate limit warning and violation (レート制限警告・違反)]チェックボックスが[System Notification (システム通知)]セクションに表示されます。これはデフォルトで選択されています。

  2. [Admin Email Notifications (管理者のメール通知)]セクションで、[Edit (編集)]をクリックします。

  3. [Rate limit warning and violation (レート制限警告・違反)]チェックボックスをクリアします。

  4. [Save(保存)]をクリックします。

関連トピック

レート制限の概要

管理者向けにデフォルトのメール通知を設定する