Oktaを使用して合理化されたデバイス登録とWorkspace ONEログインを構成する

これは早期アクセス機能です。有効にするには、Okta管理コンソールで[Settings(設定)]>[Features(機能)]の順に移動して、モバイル・プラットフォームの[Workspace1 Device Trust]をオンにします。

このユース・ケースを構成することで、エンド・ユーザーに合理化されたデバイス登録エクスペリエンスを提供することや、Oktaの拡張多要素認証をWorkspace ONEのアプリケーションに活用することや、ユーザーと管理者に一貫した使い慣れたログイン・エクスペリエンスを提供することができます。

この構成は、Workspace ONEのIDコンポーネントであるVMware Identity Managerで構成されます。

OktaをVMware Identity ManagerのIDプロバイダーとして構成する