OktaとVMware Workspace ONEを使用して、デバイスの信頼とSSOをモバイルデバイスに適用する

これは早期アクセス機能です。有効にするには、 Okta管理コンソールで[Settings(設定)]> [Features(機能)]の順に移動して、モバイルプラットフォームの[Workspace1 Device Trust]をオンにします。

OktaをWorkspace ONEと統合することで、エンドユーザーに機密性の高いアプリケーションへのアクセスを許可する前に、デバイスポスチャ―(デバイスが管理されているかどうかなど)を評価することでデバイスの信頼性を確立できます。iOSおよびAndroidデバイスの場合、デバイスポスチャ―ポリシーはOktaで構成され、ユーザーが保護されたアプリケーションにログインするたびに評価されます。

また、OktaをWorkspace ONEの信頼できるIDプロバイダーとして確立することで、Workspace ONEアプリ、Workspace ONE Intelligent Hubアプリ、ウェブポータルにエンドユーザーがOktaの認証ポリシーでログインできるようになります。


このユースケースを構成するには: