エージェント管理

Okta Radiusエージェントは、必要に応じて起動、停止、再起動することができます。
インストーラーは、アプリケーションを管理するために、現在のオペレーティングシステムに応じて、 systemdまたは initdでLinuxサービスを作成します。

systemdによるエージェント管理

radiusエージェントを起動するには、以下のコマンドを実行します。

ルートとして:

# systemctl start ragent

radiusエージェントを停止するには、以下のコマンドを実行します。

ルートとして:

# systemctl stop ragent

radiusエージェントを再起動するには、以下のコマンドを実行します。

ルートとして:

# systemctl restart ragent

radiusエージェントのステータスを確認するには、以下のコマンドを実行します。

ルートとして:

root@localhost # systemctl status ragent

initdによるRadiusエージェント管理

radiusエージェントを起動するには、以下のコマンドを実行します。
ルートとして:

# /etc/init.d/ragent start 

radiusエージェントを停止するには、以下のコマンドを実行します。
ルートとして:

# /etc/init.d/ragent stop 

radiusエージェントを再起動するには、以下のコマンドを実行します。
ルートとして:

# /etc/init.d/ragent restart