Windows RADIUSエージェントのアンインストール

RADIUSエージェントをアンインストールして再インストールするにあたり、関連するOkta APIトークンをシステムから削除するかどうかを決定する必要があります。アップグレードを行う場合、API トークンを削除する必要はありません。
APIトークンを削除するには、OktaRADIUSAgentフォルダを削除してから、RADIUSエージェントをディアクティベートしてアンインストールする必要があります。

RADIUSエージェントのアンインストール

Windows RADIUSエージェントをアンインストールするには、次のようにします。

  1. エージェントがインストールされているWindowsコンピューターで、[Start(スタート)] > [Control Panel(コントロールパネル)] > [Programs(プログラム)] > [Programs and Features(プログラムと機能)]の順に選択します。
  2. [Okta RADIUS Agent(Okta RADIUSエージェント)]を選択して、[Uninstall(アンインストール)]を選択します。
  3. RADIUSエージェントをアンインストールしても、エージェント設定データはインストールシステムのハードドライブに残ります。
    構成データを削除するには、 \Program Files (x86)\Okta に移動して、 Okta RADIUS Agentフォルダを削除します。
    このフォルダを削除すると、エージェント構成データとOkta APIトークンがハードドライブから削除されます。
    サーバーのAPIトークンはまだOktaで有効なままなので、構成データを削除することが重要です。
  4. コンピュータを再起動します。
    注

    アンインストール後、Windows OSが特定のファイルを開いたままにすることがあります。このようにファイルが開いていると、再インストール中にエラーが発生する原因となります。
    アンインストール後は必ずコンピュータを再起動してください。
    詳細については、Windows RADIUSエージェントのトラブルシューティングを参照してください。

RADIUSエージェントの再インストール

Okta RADIUSエージェントをインストールしても、Okta LDAPエージェント フォルダの構成データは上書きされません。再インストールして新しいAPIトークンを作成する場合、エージェントを再インストールする前に必ず(上述の通り) Okta RADIUSエージェントをアンインストールしてください。その後、「Okta RADIUSエージェントのインストール」の手順を実行します