RADIUSカスタマー アプリケーションの構成

このタスクでは、RADIUS認証リクエストを処理するためにOkta RADIUSエージェント サーバーをポイントする特定のアプリケーションを設定します。

これは特定のアプリケーションまたはインフラストラクチャによって異なりますが、一般的には以下の要件があります。

  • アプリまたはインフラストラクチャでRADIUSを認証方式として有効にする
  • Okta RADIUSサーバーのホスト名またはIPアドレスを指定する
  • 使用するポートを指定する。ポートはOktaでRADIUSアプリのセットアップで選択したポートと同じである必要があります。
  • RADIUS認証タイプを選択する。現在、Okta RADIUSエージェントはPAP認証のみをサポートします。
  • 認証中にMFAに登録する際に、エンドユーザーにRADIUSで保護されたリソースへのアクセスを許可するかどうか決定します。このアクセスが無効の場合、MFAに登録していないユーザーは認証前にOktaに登録する必要があります。インライン登録を許可するために、ボックスをチェックします。

詳しくはベンダーの資料を確認し、RADIUSセットアップに関連する説明を探してください。

次のステップ

汎用RADIUS統合のテスト