Active Directory Federation Services(ADFS)向けMFAの構成

必要に応じて、Active Directory Federation Services(ADFS)のMFAプロパティーを構成できます。

重要な注意事項

重要

ADFSアダプターokta_adfs_adapter.jsonのMFAへの変更は、サービスの再起動時にのみ読み込まれます。
必ずokta_adfs_adpater.jsonの構成を変更した後に、ADFSを再起動してください。

構成を変更する

  1. テキスト・エディターを使用してc:\Program Files\Okta\Okta MFA Provider\config\okta_adfs_adapter.jsonを開きます。
  2. 必要な変更を加えて保存します。
  3. ADFSサービスを再起動します。
    1. 管理者としてMicrosoft PowerShellを開きます。
    2. コマンドを実行します。
      Restart-Service adfssrv -Force
    3. PowerShellを終了します。

プロパティー

注意

管理者は、ここに記載されていないフィールドの変更やその他の修正は行わないでください。

プロパティー説明デフォルト

useOIDC有効にすると、ADFSアダプターはOpen ID Connectを使用して認証しますfalse"useOIDC": true
allowNoMfaユーザーが2つ目のを必要とせずに、ログインできるようにします(ADFSアプリのポリシーに基づく)。
通常は、セットアップ時とトラブルシューティング時にのみ使用されます。
true

"allowNoMfa": false