ADFSでOkta MFAプロバイダーを有効にする

ADFSの MFA プロバイダーとしてOktaを有効にする必要があります。

  1. ADFSサーバーにログオンします。
  2. ADFS管理コンソールを開きます。

  3. Windows Server 2012
    1. [Authentication Policies(認証ポリシー)]を右クリックし、[Edit Multi-factor Authentication Methods(多要素認証方法の編集)...]を選択します。

    2. [Multi-factor(多要素)]タブを選択します。
    3. [Select additional authentication factors(追加の認証要素を選択)]セクションで、[Okta MFAプロバイダー]をチェックします。
      続けて、[OK]をクリックします。

    Windows Server 2016
    1. [Service(サービス)] >[Authentication Methods(認証方法)]を展開します.
    2. [Authentication Methods(認証方法)]を右クリックします。
    3. [Edit Multi-factor Authentication Method(多要素認証方法の編集)]をクリックします。

    4. [Okta MFA Provider(Okta MFAプロバイダー)]を選択し、[OK]をクリックします。

  4. [Access Control Policies(アクセスコントロールポリシー)]を選択します。

  5. [Add Access Control Policy(アクセスコントロールポリシーを追加)]を選択します。

  6. 名前説明を入力し、[Add(追加)]をクリックします。

  7. ルールエディターで、組織に必要なポリシーを設定します。ルールエディターに「多要素認証」オプションが必須で含まれていることを確認してください。[OK]をクリックします。