AWSインバウンドルールの設定

インスタンスBは、AWS ディレクトリサービスと通信できる必要があります。インバウンドルールは、必須アクセスの許可に必要なポート/プロトコルを設定する際に使用されます。このタスクでは、RADIUSエージェントをホストするインスタンスBがAWS ディレクトリ サービスと通信できるようにするために必要なAWS インバウンドルールを作成します。

インバウンドルールの設定

  1. ブラウザでAWS Workspaceに移動し、管理者としてログインします。

  2. ブラウザでAWS Workspaceに移動します。

  3. [Directories (ディレクトリ)]タブを選択します。

  4. 選択したディレクトリの[Details (詳細)]セクションで、ディレクトリID
    を確認します。

  5. セキュリティグループのページに移動し、関連するグループ名のグループIDを確認します。

  6. グループIDを使って、セキュリティグループに移動します。

  7. 次の値を持つインバウンドルールを作成します。

    フィールド
    プロトコルUDP
    ポート範囲1899

    完了したら、新しいインバウンドルールは以下のようになるはずです:

  8. :必要なポートのUDP トラフィックを許可するには、Windowsのファイアウォールルールを作成しなければならない場合があります。