チェックポイントのRADIUS統合フロー

このページでは、チェックポイントのRADIUS統合フローについて説明します。

  1. ユーザーがユーザー名/パスワードを使用してログイン
  2. ゲートウェイがデータを受信し、RADIUSを介してOkta RADIUS Serverエージェントに転送
  3. Okta RADIUS ServerエージェントがOkta Identity Cloudに送信
  4. Okta Identify Cloudが認証ソースを判断して応答するか、任意でオンプレミス ディレクトリ エージェントに転送
  5. オプション:ディレクトリ エージェントがパスワードをディレクトリに送信
  6. オプション:ディレクトリがパスワードを確認
  7. オプション:ディレクトリ エージェントがOkta Identity Cloudのパスワードを確認
  8. Okta Identity Cloudが認証ポリシーを評価し、必要に応じてOkta RADIUS Serverエージェントにメッセージを送信してユーザーに要素チャレンジを要求
  9. Okta RADIUS Serverエージェントはチャレンジ メッセージをゲートウェイに中継
  10. ゲートウェイは要素を選択するメッセージをユーザーに表示
  11. ユーザーは希望する要素を入力
  12. ゲートウェイがデータを受信し、RADIUSを介してOkta RADIUS Serverエージェントに転送
  13. Okta RADIUS ServerエージェントがOkta Identity Cloudに送信
  14. Okta Identify Cloudが選択内容を評価し、適切な応答をトリガー(プッシュメッセージを表示)
  15. ユーザーがプッシュメッセージを受信し、応答
  16. 成功メッセージがOkta RADIUS Serverエージェントに返される
  17. 成功メッセージがゲートウェイに返される
  18. 接続