Citrix Gatewayエンドユーザー エクスペリエンス

Citrix Gateway向けにRADIUSエージェントをインストールおよび設定した後のエンドユーザー エクスペリエンスは、RADIUSと統合する前のCitrixクライアント エクスペリエンスと似ています。ただし、エンドユーザーは通常のログイン後、追加の検証要素の入力を求められます。

単一のMFAオプションのみ設定されている場合、全体でいくつ利用可能であっても、エンドユーザーは通常のログイン後、1つのアクティブなMFAの入力のみ求められます。

複数のMFAオプションが設定されている場合、エンドユーザーにはまず構成済みの認証方式を選択するよう求めるプロンプトが表示されます。エンドユーザーは希望の認証方式に対応する数値を入力します。その後、認証方式を完了するよう求めるプロンプトが表示されます。

単一選択のMFA認証

  1. VPN URLに進みます。
  2. Oktaユーザー名とパスワードを入力します。
  3. [Login(ログイン)]をクリックします。
  4. Okta MFAチャレンジ質問に回答します。

複数選択のMFA認証

  1. VPN URLに進みます。
  2. Oktaユーザー名とパスワードを入力します。
  3. [Login(ログイン)]をクリックします。
  4. [MFA Choice(MFAの選択)]画面に応答します。
  5. MFA チャレンジ質問に回答します。

多要素認証については「MFA」を参照してください。