ユーザーアカウントのアクティベート

ユーザーアカウントをアクティベートにすると、アカウントのステータスが「ステージング済み」「一時停止」「ディアクティベート済み」から「アクティブ」に変更されます。ユーザーアカウントをアクティベートすると、ユーザーのプライマリまたはセカンダリのメールアドレスに、アカウントがアクティブになったことを通知するメールが送信されます。このメール通知には、orgでアカウントを設定するための手順が記載されています。ユーザーアカウントをアクティベートすると、そのユーザーは自分に割り当てられ、プロビジョニングされたすべてのアプリケーションにアクセスできるようになります。

[People(ユーザー)]ページの左列では、アカウントのステータスによってユーザーリストをフィルタリングすることができます。

ユーザーを個別にアクティベートする

  1. 管理コンソールで、[Directory(ディレクトリ)]>[People(ユーザー)]に進みます。
  2. 次のいずれかのオプションを選択します。
    • ユーザーアカウントのステータスがステージングされている場合は、[Status(ステータス)]列の[Activate(アクティベート)]をクリックし、[Activate Person(ユーザーをアクティブ化)]ダイアログボックスで[Activate User(ユーザーをアクティベート)]をクリックします。
    • ユーザーアカウントのステータスが「一時停止」または「ディアクティベート済み」の場合は、ユーザーを選択し、ユーザーのプロファイルページで[Activate(アクティベート)]をクリックします。

複数ユーザーのアクティベート

  1. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[People(ユーザー)]>[More Actions(その他のアクション)]>[Activate(アクティベート)]の順に移動します。
  2. [Show deactivated users(非アクティブ化されているユーザーを表示)]を選択します。
  3. 任意。[Activate All(すべてを有効にする)]をクリックするか、特定のユーザーを選択して[Activate Selected(選択したものを有効にする)]をクリックします。
  4. [Activate People(ユーザーをアクティベート)]ダイアログが表示されたら、[Activate(アクティベート)]をクリックしてユーザーをアクティベートします。