カスタム属性をOktaユーザープロファイルに追加する

Oktaのユーザープロファイルにカスタム属性を追加して、基準属性では利用できない追加属性を定義します。

ユーザー属性の値のフィールドが空のままだと、""または空の文字列として処理され、プロファイルに ""として保存されます。search=(profile.<propertyName> pr)を使用すると、プロファイルに値が含まれており、NULLではないため、空の文字列が含まれるユーザープロファイルが返されます。属性をNULLに設定するには、Okta APIを使用する必要があります。Okta開発者向けドキュメントを参照してください。

  1. Admin Console[Directory(ディレクトリ)][Profile Editor(プロファイルエディタ)]に進みます。
  2. [Filters(フィルター)]リストからOktaをクリックします。
  3. Oktaユーザー(デフォルト)では、[Profile(プロファイル)]をクリックします。[Profile(プロファイル)]が使用できない場合は、[User(ユーザー)](デフォルト)をクリックします。
  4. [Add Attribute(属性を追加)]をクリックします。
  5. 以下のフィールドに入力します。
    • Data type(データ型):次のいずれかのデータ型を選択します。
      • string(文字列):ゼロまたはそれ以上のUNICODE文字の並び(文字・数値および/または句読点)
      • number(数値):Java 64-ビットDouble形式の浮動小数点数「プラットフォームの仕様」を参照してください。
      • boolean(ブール値):true、false、またはnullデータ値を格納
      • integer(整数):Java 64-ビットLong形式の整数
      • string array(文字列の配列):文字列のシーケンシャルコレクション
      • number array(数値の配列):数値のシーケンシャルコレクション
      • integer array(整数の配列):整数のシーケンシャルコレクション
      • country code(国コード):ユーザーの出身国を表すコード
      • language code(言語コード):ユーザーの言語を表すコード
      • linked object(リンクされたオブジェクト):ユーザーと他の属性との関係を表すコード
    • Display name(表示名):UIに表示される、人間が判読できるラベル
    • Variable name(変数名):マッピングで参照できる属性の名前
    • Description(説明):属性の説明
  6. 任意。以下のフィールドに入力します。
    • Enum:値の列挙型リストを定義するには、このチェックボックスを選択します。ブール値以外のすべてのデータ型をサポートしています。
    • Attribute members(属性メンバー)Display names(表示名)Values(値)を入力します。たとえば、「小」、「中」、「大」などです。
    • Display names(制限事項)[Value must be unique for each user(値はユーザーごとに一意にする必要があります)]を選択して、各ユーザーに対して一意な属性であることを要求します。
    • Attribute length(属性の長さ)[Value(値)]フィールドの最小および最大の長さを入力します。
    • Attribute required(必須属性):このチェックボックスを選択して、その属性が必須であることを示します。

    Oktaでは、アプリケーションのユーザー名に使用される属性を読み取り専用または非表示にすることを推奨しています。

  7. 別のカスタム属性を追加するには、[Save(保存)]または[Save and Add Another(保存して別のものを追加)]をクリックします。