ユーザーを作成しユーザータイプを割り当て

新規ユーザーを作成する際に、そのユーザーにOktaユーザータイプを割り当てます。

情報

Active Directory、LDAP、WorkdayなどのアプリケーションやCSVファイルからインポートされたユーザーはデフォルトユーザータイプに割り当てられます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [People(ユーザー)]に進みます。
  2. [Add Person(ユーザーの追加)]をクリックします。
  3. [User type(ユーザータイプ)]リストからユーザータイプを選択します。
  4. 以下のフィールドに入力します。
    • First Name(名) ― ユーザーの名を入力します。
    • Last Name(姓) ― ユーザーの姓を入力します。
    • Username(ユーザー名) — ユーザーのユーザー名をEメール形式で入力します。
    • Primary email(プライマリ メール) — 任意。ユーザー名と異なる場合、ユーザーのプライマリ メールを入力します。
    • Secondary email(予備メール) — 任意。プライマリ メールが使用できない場合、ユーザーが情報へのアクセスを許可する予備メールを入力します。
    • Groups(グループ) — 任意。ユーザーが属するグループを入力します。
    • Password(パスワード)[Set by user(ユーザーが設定)]を選択して、ユーザーにパスワードの設定を許可するか、[Set by admin(管理者が設定)]を選択してパスワードを入力します。
    • Send user activation now(今すぐユーザーにアクティベーションを送信) ― 任意。このチェックボックスは、パスワードのオプションで[Set by user(ユーザーが設定)]を選択した場合に利用できます。このチェックボックスを選択するとユーザー アクティベーション メールがユーザーに送信されます。
    • [User must change password on first login(ユーザーは初回ログイン時にパスワードを変更する必要がある)] — 任意。このチェックボックスは、パスワードオプションとして[ Set by admin(管理者が設定)]を選択するとデフォルトで選択されます。ユーザーの初回サインイン時にパスワードを変更させたくない場合はこのチェックボックスをオフにしてください。
  1. [保存]をクリックします。