Oktaユーザー名のカスタム文字制限を作成

Oktaユーザー名のデフォルト形式はメールアドレスです。Oktaユーザー名の形式をさらにコントロールできるよう、メール形式の制約を許容された特定の文字セットに置換するカスタム文字制限を作成できます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [Profile Editor(プロファイル エディター)]に進みます。
  2. [Filters(フィルター)]リストからOktaをクリックします。
  3. Oktaユーザー(デフォルト)では、[Profile(プロファイル)]をクリックします。
  4. Username(ユーザー名)属性の情報アイコンをクリックします。
  5. [Format restrictions(形式の制限)]フィールドで以下のオプションから1つ選択します。
    • Email format(メールの形式): デフォルト。ユーザー名はメール形式にする必要があります。例えば、name@company.comなどです。ユーザーは完全なメールアドレスを使用するか、@マークの前の部分(組織内でプレフィックスが一意の場合)を使用してサインインします。
    • Custom character restriction(カスタム文字制限): このオプションを使用して、ユーザーはユーザー名に使用できる文字のセットを定義できます。たとえば、小文字、奇数、ピリオドを許可する場合は、次のように入力します:a-z13579.。4バイト文字はOktaで許容されません。
    • : このオプションは、ユーザー名からすべての形式の制限を無くし、空でない任意の文字列の使用を許可します。
  6. [Save Attribute(属性を保存)]をクリックします。