カスタムユーザータイプを作成する

最大9つのカスタムユーザータイプを作成できます。カスタムユーザータイプを作成するにはスーパー管理者またはorg管理者の権限が必要です。ユーザータイプが作成されると、ほかの管理者はデフォルトのOktaユーザータイプでの操作と同様にプロパティやマッピングを追加できます。

Okta Universal Directory、プロファイルエディター、属性、カスタム属性、および属性マッピングについて十分に理解している必要があります。

カスタムユーザータイプを作成するにはスーパー管理者またはorg管理者の権限が必要です。

  1. 管理コンソールで、[Directory(ディレクトリ)] > [Profile Editor(プロファイルエディター)]に進みます。
  2. [Create Okta User Type(Oktaユーザータイプの作成)]をクリックします。
  3. Okta User Type(Oktaユーザータイプの作成)]ダイアログボックスで、以下のフィールドに入力します。
    • [Display Name(表示名)]:ユーザータイプの名前を入力します。例:Contractor(請負業者)やStudent(学生)など。50文字の制限があります。
    • [Variable name(変数名)]:自動生成された値を受け入れるか、または値を入力します。
  4. [Save(保存)]をクリックします。

新規ユーザータイプがプロファイルエディターに表示されます。[Profile(プロファイル)]をクリックしてプロファイル属性を編集します。

ユーザータイプ[Display Name(表示名)]を変更するには、[Edit(編集)]をクリックし、新しい値を入力して[Save Profile(プロファイルを保存)]をクリックします。変数名を変更することはできません。

ユーザータイプ属性およびマッピングはデフォルトのOktaユーザープロファイルと同じように管理されます。