Active Directory代理認証を有効化

代理認証を使用して、Active Directory (AD)をソースとするユーザー向けに、セルフサービスによるパスワード リセットを有効化します。

グループ パスワード ポリシー機能を有効化すると、セルフサービスによるパスワード リセット設定が上書きされ、フィールドが利用できなくなります。

この機能が有効化されていると、一括パスワード有効期限にADソースのユーザーが含まれます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [Directory Integrations(ディレクトリ統合)]に進みます。
  2. Active Directoryインスタンスを選択します。
  3. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[Settings(設定)]リストから[Integration(統合)]を選択します。
  4. 下にスクロールして、[Enable delegated authentication to Active Directory(Active Directoryへの認証委任を有効にする)]チェック ボックスをオフにします。
  5. [保存]をクリックします。