プロビジョニング対応アプリからインポートされたグループを削除する

アプリケーションからインポートされたグループが不要になった場合、そのすべてを削除できます。グループポリシールールまたはマッピングが存在する場合、または削除するために選択したグループがアプリに割り当てられている場合、そのグループのインポートを無効にすることはできません。

  1. Admin Console[Applications(アプリケーション)][Applications(アプリケーション)]をクリックします。
  2. プロビジョニング対応アプリケーションを選択します。
  3. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[Settings(設定)]リストから[Integration(統合)]を選択します。
  4. [Edit(編集)]をクリックします。
  5. [Import Groups(グループのインポート)]チェックボックスをオフにします。
  6. [Disable Import Groups(グループのインポートを無効化)]ダイアログボックスで[続ける]をクリックします。
  7. [Save(保存)]をクリックします。

次回予定の、または手作業によるインポート中に、アプリケーショングループがOktaから削除されます。