プロビジョニング対応アプリからインポートされたグループを削除する

アプリケーションからインポートされた不要になったすべてのグループを削除します。グループ・ポリシー・ルールまたはマッピングが存在する場合、または削除対象として選択されたグループがアプリに割り当てられている場合、グループのインポートを無効にすることはできません。

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > [アプリケーション]をクリックします。
  2. プロビジョニングが有効なアプリケーションを選択します。
  3. [プロビジョニング]タブをクリックし、[設定] リストで[統合]を選択します。
  4. [編集]をクリックします。
  5. [グループをインポート]チェック・ボックスをオフにします。
  6. [[グループをインポート]を無効化]ダイアログ・ボックスで[続行]をクリックします。
  7. [保存]をクリックします。

アプリケーション・グループは、次回のスケジュール済みインポートまたは手動インポートの際にOktaから削除されます。