アプリまたは組織の未割り当てインポート セーフガードの有効化/無効化

アプリレベルおよび組織レベルのセーフガードはデフォルトでは有効で、20パーセントに設定されています。これを有効化すると、インポートの続行が許可されている間、組織で未割り当てにできるアプリユーザーの最大パーセンテージを定義できます。

  1. 管理コンソールで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]の順に進みます。
  2. [Search(検索)]フィールドにアプリケーションの名前を入力します。
  3. アプリケーション名のリンクをクリックしてから、[Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックします。
  4. [Settings(設定)]リストで[To Okta(Oktaへ)]を選択します。
  5. [Import Safeguard(インポート セーフガード)]セクションまでスクロールし、[Edit(編集)]をクリックします。
  6. 任意:[App unassignment safeguard(アプリ未割り当てのセーフガード)]ドロップダウンで、[Disabled(無効化)]または[Enabled(有効化)]を選択します。
  7. 任意:[Org-wide unassignment safeguard(組織全体の未割り当てのセーフガード)]ドロップダウンで、[Disabled(無効化)]または[Enabled(有効化)]を選択します。
  8. [保存]をクリックします。