Oktaグループ ソースタイプ

以下の表はOktaグループ ソースタイプを示しています。

グループ ソース タイプ 説明
ネイティブOktaグループ

Oktaをアプリケーションまたは他のリソースに接続する前に、Okta組織でグループを作成できます。デフォルトグループの Everyone(全員)にはOkta組織のすべてのユーザーが含まれます。

Oktaグループを管理するには、Okta管理者コンソールにサインインして[Directory(ディレクトリ)] > [Groups(グループ)]の順にクリックします。

Active Directoryグループ

Active Directory (AD)は最もよくあるグループソースです。ほぼすべての大規模事業者は、ADインスタンスを使用してユーザーを管理します。Okta AD Agentを使用してADインスタンスをOktaに統合できます。

Oktaでは、複数ドメインからのメンバーを含むドメインローカルグループはサポートしていません。ドメイン間の双方向で信頼構築されている場合、クロスドメイン メンバーシップを持つユニバーサル セキュリティー グループはサポートされます。ユニバーサル セキュリティー グループはフォレスト間メンバーシップをサポートしません。

LDAPグループOkta LDAP Agentを使用して、LDAP準拠のWindowsおよびUnixサーバーからグループをインポートできます。
アプリケーション グループ

一部のアプリケーションには、Oktaにインポートできるグループがあります。これらのグループをインポートする機能は、APIを介してグループにアクセス可能かどうか、さらにアプリケーションがOktaと統合されているかによって異なります。以下は、インポートをサポートするアプリケーションの一部です。

  • Box
  • Google App
  • Jira
  • Microsoft Office 365
  • Workday