プロビジョニング対応アプリからのグループのインポートを有効化

グループのインポートはデフォルトで有効化されています。これらインポートされたグループのメンバーシップは編集できません。

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。 [Applications(アプリケーション)]に進みます。
  2. プロビジョニング対応アプリケーションを選択します。
  3. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[Settings(設定)] リストから[Integration(統合)]を選択します。
  4. [Edit(編集)]をクリックします。
  5. [Import Groups(グループのインポート)]チェックボックスがデフォルトで有効化されていない場合、チェックボックスをオンにします。
  6. [保存]をクリックします。

インポートが成功した後、Oktaは新規ユーザー、新規グループ、または既存のユーザー プロファイルまたはグループ メンバーシップに加えられた変更をスキャンします。これらが検出されると、Oktaは指定された管理者宛てに、スキャン、追加、アップデート、またはインポート中に削除されたユーザーおよびグループの数を示したメールを自動送信します。