CSVファイルからユーザーをインポートする

ユーザー情報のCSVファイルをアップロードして、新しいユーザーを追加したり、既存のOktaユーザーを更新したりできます。これには、インポートされたデータの検証とエラー報告が含まれます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [ユーザー]
  2. [その他のアクション]をクリックし、[CSVからユーザーをインポート]を選択します。
  3. [CSVからユーザーをインポート] ウィンドウで、[このテンプレート]リンクをクリックして、テンプレートCSVファイルをダウンロードします。
  4. テンプレートには、現在のOktaユーザー・プロファイルで定義されているすべての属性のヘッダーが含まれています。

  5. 属性フィールド(loginfirstNamelastName、およびemail)に入力します。

最初の行のヘッダーは削除しないでください。後続の行の各行には1人のユーザーが含まれ、すべての必須情報が正しい列に入力されている必要があります。エントリーを引用符で囲む必要はありません。すべての行で同じ列が空のままで必須の属性ではない場合を除き、列を空のままにしないでください。エントリー「,,」および「,"",」は同一で空の文字列として扱われます。

  1. [CSVをアップロード]をクリックします。

検証プロセスが実行され、ファイルが適切にフォーマットされていることを確認します。

  1. エラーを修正するか、成功メッセージをメモして、[次へ]をクリックします。
  2. [CSVからユーザーをインポート] ウィンドウで、次のいずれかを選択します。
    • [新しいユーザーを自動的にアクティブ化]:新たにインポートされたユーザーが自動的にアクティブ化されます。
    • [パスワードを作成せず、IDプロバイダー経由でのみログインを許可します]:新しくインポートされたユーザーには、アクティベーション・メールが送信されたり、Oktaパスワードの設定を求められたりすることはありません。これは、外部IDプロバイダーを介して認証するユーザーにのみ推奨されます。
  3. [ユーザーをインポート]をクリックします。

OktaはCSVファイルが正しくフォーマットされ、すべての属性要件が満たされていることを検証します。概要には、新規ユーザー数、アップロードされたユーザー数、変更されていないユーザー数、エラーが発生したユーザー数が表示されます。エラーが見つかった場合は、[ダウンロード]リンクをクリックしてエラー・レポートを表示します。