ユーザーはグループ単位または個別に管理できます。すべてのユーザーはOkta内で一意のプロファイルを持っています。この一意のプロファイルは、アプリとデバイスへのアクセス、グループ・メンバーシップ、ユーザー・ステータスの管理に役立ちます。Universal Directoryを使用すると、アプリや、ディレクトリーや人事アプリなどの他のソースからのユーザーおよび属性データを無制限に保存できます。リンクされたオブジェクト、機密属性、定義済みリストなど、すべての属性タイプがサポートされています。Okta Integration Network(OIN)カタログのすべてのアプリから、LDAP経由、またはAPI経由でアクセスできます。