プロファイルエディターOkta属性をアプリの属性にマップ

Okta属性をアプリ属性にマップして、Oktaをユーザーデータまたはユーザーデータの受信先の信頼できる唯一のソースにします。

  1. 管理コンソールで、[Directory(ディレクトリ)] > [Profile Editor(プロファイルエディター)]に進みます。
  2. 任意。[Filters(フィルター)]リストから[Okta][Apps(アプリ)][Directories(ディレクトリ)]、または[Identity Providers(IDプロバイダー)]を選択し、アプリの一覧をフィルタリングします。
  3. アプリの[Mappings(マッピング)]をクリックし、リストが表示されたら[Configure User mappings(ユーザーマッピングを構成)]を選択します。
  4. [User Profile Mappings(ユーザープロファイルマッピング)]ダイアログボックスから、以下のタブのうち1つを選択します。
    • App to Okta User(アプリからOktaユーザーへ):アプリからOktaへ属性をマップする場合はこのタブを選択します。アプリにはソース属性が含まれ、Oktaがターゲットです。
    • Okta User to App(Oktaユーザーからアプリへ)Oktaからアプリへ属性のフローをマップするには、このタブを選択します。Oktaにはソース属性が含まれ、アプリがターゲットです。
  1. 属性をマップします。

a. 属性マッピングをスクロールします。

b. 必要な属性がマップされていることを確認します。Oktaまたはアプリのユーザープロファイルで、必要なものが示されます。

c. ドロップダウンを使用して属性を追加するか、式を使用して連結または変換された値を持つ属性を追加します。式の詳細については、「式を使用して属性を変更する」を参照してください。

  1. 任意。をクリックして属性のプッシュ頻度を設定します。「プロファイルプッシュについて」を参照してください。
  1. 任意。[Preview(プレビュー)]をクリックしてマッピングを確認します。

問題の識別がより簡単になるよう、結果が色分けされています。緑色は有効なマッピング、または値を持たない有効なマッピングを示します。赤色は無効なマッピングを示し、問題の解決に役立つエラーメッセージが表示されます。列が空白の場合は、属性がマップされていないことを意味します。

  1. [Save Mappings(マッピングを保存)][Apply updates now(今すぐ更新を適用)]をクリックします。