アプリまたは組織の未割り当てインポート セーフガードしきい値を増やす/減らす

アプリまたは組織の未割り当てのセーフガードしきい値を引き上げるか、または引き下げて、許容されるアプリまたは組織の未割り当ての割合を変更します。 また、[All imports paused(すべてのインポートを一時停止)]警告メッセージの[Increase the app assignment removal limit(アプリ割り当ての削除制限値を増やす)]リンクを選択して、インポート セーフガードの設定にアクセスすることもできます。

  1. 管理コンソールで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]の順に進みます。
  2. [Search(検索)]フィールドにアプリケーションの名前を入力します。
  3. アプリケーション名のリンクをクリックしてから、[Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックします。
  4. [Settings(設定)]リストで[To Okta(Okta宛て)]を選択します。
  5. [Import Safeguard(インポート セーフガード)]セクションまでスクロールし、[Edit(編集)]をクリックします。
  6. 任意:上下矢印を使用して[App unassignment safeguard(アプリの未割り当てセーフガード)]値を増減するか、[Set to default(デフォルトに設定)]をクリックしてデフォルト値に設定します。
  7. 任意:上下矢印を使用して[Org-wide unassignment safeguard(組織全体の未割り当てセーフガード)]値を増減するか、[Set to default(デフォルトに設定)]をクリックしてデフォルト値に設定します。
  8. [保存]をクリックします。