セルフサービス登録ポリシーの有効化および構成

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

セルフサービス登録ポリシーを使用すると、ユーザーがアプリケーション アクセス権を自己登録できるようになります。ポリシー作成時、[Create Account(アカウントの作成)]登録フォームに含めるフィールドを選択し、これらのフィールドの並べ方を指定し、どのフィールドを必須にするか指定できます。

セルフサービス登録ポリシーを有効化すると、Oktaはすべてのプライマリメールアドレスが一意であることを要求します。登録の際に、ユーザーはメールアドレスを入力する必要があります。Oktaは自動的にユーザー名としてメールアドレスとプライマリ メールアドレスを使用します。

セルフサービス登録パスワードポリシーは、[名を含めない][姓を含めない]の複雑性要件をサポートしていません。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [Self-Service Registration(セルフサービス登録)]に進みます。
  2. [Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Self-service registration(セルフサービス登録)]リストから[Enabled(有効)]を選択します。
  4. 以下のフィールドに入力します。
    • Add to Sign-In widget(サインイン ウィジェットに追加):(オプション) [Sign Up(サインアップ)] リンクをOktaでホストされたサインイン ページに追加したい場合は、このオプションを選択します。このオプションを選択することで、カスタムサインイン ページ エディターでJavaScriptを使用してリンクを構成する必要性が排除されます。
    • Assign to group(グループに割り当て):自己登録すると自動的にユーザーが追加される既存グループの名前を入力します。グループ メンバーシップで、登録中にパスワード ポリシーが適用されるかどうかを決定します。既存グループのみを入力できます。グループが指定されていない場合、Oktaはデフォルトのパスワード ポリシーを適用します。パスワード ポリシーの作成に関する詳細は、「認証」を参照してください。
  5. [REGISTRATION FORM(登録フォーム)] エリアで、以下のフィールドに入力します。
    • Login field form label(ログイン フィールド フォームのラベル):(オプション)[Create Account(アカウントの作成)]フォームの[Email(電子メール)]フィールドのラベルを入力します。

    • Password field form label(パスワード フィールド フォームのラベル):(オプション)[Create Account(アカウントの作成)]フォームの[Password(パスワード)]フィールドのラベルを入力します。

    • Registration form fields(登録フォームのフィールド)[Create Account(アカウントの作成)] 登録フォームに含めたいフィールドを選択します。デフォルトのフィールドラベルの値を受け入れるか、または任意で[Form label(フォーム ラベル)]フィールドにフィールド名を入力できます。フィールドを必須にしたい場合は[Required(必須)]チェックボックスをオンにします。追加のフィールドが必要な場合は[Add Field(フィールドの追加)]をクリックします。フィールドの優先順位を変更する場合、フィールドをクリックして新しい場所にドラッグします。フィールドを削除する場合は[X]をクリックします。

      登録フォームは文字列、数字、ブール値、および整数データ型に加えて、文字列、数字、および整数の列挙データ型もサポートします。

  6. [POST REGISTRATION(登録後)] エリアで、以下のフィールドに入力します。
    • Activation requirements(アクティベーションの要件):(オプション)[User must verify email address to be activated(ユーザーはアクティベートするメールドレスを検証する必要がある)]を選択すると、ユーザーに登録アクティベーション用メールが自動的に送信されます。このチェックボックスを選択しない場合、ユーザーはアクティベートするメールアドレスを検証する必要はありません。Oktaメールテンプレートを使用した登録確認用メールが送信されます。「電子メールおよびSMSオプション」を参照してください。

    • Default redirect(デフォルト リダイレクト)[User dashboard(ユーザー ダッシュボード)]を選択してユーザーを組織のOktaホームページにリダイレクトするか、[Custom URL(カスタムURL)]を選択してユーザーをカスタムアプリ、OIDCポータル、またはSAMLポータルにリダイレクトします。

  7. [保存]をクリックします。
  8. (オプション)手順5で登録フォームにフィールドを追加した場合、[Directory(ディレクトリ)]> [Profile Editor(プロファイル エディター)]に進みます。
    1. 新しい属性を含むプロファイルを選択します。
    2. 新しい属性を見つけ、その情報アイコンをクリックします。
    3. [User permission(ユーザー権限)]ドロップダウン ボックスで、Read - Write(読み込み―書き出し)を選択します。
    4. [Save Attribute(属性を保存)]をクリックします。設定ページで登録後、エンドユーザーはこのフィールドを変更できるようになります。