ユーザーに属性の編集を許可する

Oktaをソースとする属性を編集可能にすることで、ユーザーは特定の属性を最新に保つことができます。

  1. 管理コンソールで、[ディレクトリー] > に移動します [Profile Editor(プロファイル エディター)]に進みます。

  2. ユーザータイプの[Profile(プロファイル)]をクリックします。
  3. [Attribute(属性)]エリアで、編集したい属性の情報アイコンをクリックします。
  4. [User permission(ユーザー権限)]リストで、以下のオプションのうち1つを選択します。
  • Hide(非表示):ユーザーから属性フィールドを隠したい場合はこのオプションを選択します。
  • Read Only(読み込み専用):属性フィールドを読み込み専用にしたい場合はこのオプションを選択します。
  • Read-Write(読み書き):属性フィールドを編集可能にしたい場合はこのオプションを選択します。
  1. [Source priority(ソースの優先度)]リストで、[Inherit from Okta(Oktaから継承)]を選択します。
  2. [Save Attribute(属性を保存)]をクリックします。