エージェントの自動更新をスケジュールする

早期アクセスリリース。「早期アクセス機能とBeta機能を管理する」を参照してください。

エージェントの自動更新は標準の営業時間外に行われるようにスケジュールを設定し、ユーザーの混乱を軽減します。

エージェント自動更新のスケジュールを作成するには、更新されるディレクトリインスタンスに少なくとも2つの操作可能なエージェントがインストールされている必要があります。運用可能とみなされるには、ADエージェントからOktaサーバーへの安定した接続が必要です(ADエージェントからOktaサーバーにリクエストが定期的に送信されます)。さらに、ADエージェントには有効な構成が必要であり、オンプレミスADサーバーと統合されている必要があります。この要件は、ユーザーへのサービスの中断を回避するのに役立ちます。

  1. Okta Admin Consoleで、[Directory(ディレクトリ)]>[Directory Integrations(ディレクトリ統合)]の順に進みます。
  2. ADインスタンスをクリックします。
  3. [Agents(エージェント)]タブをクリックします。
  4. [Update agents(エージェントの更新)]>[Manage auto-updates(自動更新の管理)]を選択します。
  5. [Add Schedule(スケジュールを追加)]をクリックします。
  6. 以下のフィールドに入力します。
    • [Name(名前)]:エージェント自動更新スケジュールにわかりやすい名前を入力します。
    • [When a new version is available, allow agent auto-updates on(新しいバージョンが利用可能な場合、エージェント自動更新を許可する)]:エージェント自動更新の日、開始時刻、終了時刻を選択します。
    • [Time Zone(タイム・ゾーン):エージェント自動更新を実行するタイム・ゾーンを選択します。
    • [Add optional delay(オプションの遅延を追加する)]:オプション。エージェント自動更新の遅延期間を選択します。
    • [Email super admins status updates for this agent auto-update schedule(このエージェント自動更新スケジュールのステータス更新をスーパー管理者にメールで送信する)]:オプション。エージェントの自動更新のステータスが変更されたときにスーパー管理者に通知を送信するには、このチェック・ボックスをオンにします。
    • [Select agents to include in this auto-update(この自動更新に含めるエージェントを選択)]:自動更新のスケジュールに含めるエージェントを選択します。エージェントは、一度に1つの自動更新スケジュールにのみ割り当てることができます。
  7. [保存]をクリックします。