レビュー対象を再割り当てする

管理者と管理者以外のレビュアーは、レビューアイテムを別のユーザーに再割り当てできません。レビューアイテムを再割り当てしても、キャンペーンの終了日は延長されません。新しいレビュアーは、キャンペーンが終了する前にアクセスを承認または取り消す必要があります。

Okta管理者ロールを管理するキャンペーンのレビューを再割り当てできるのは、スーパー管理者のみです。Okta管理者ロールの管理は早期アクセス機能です。「セルフサービス機能を有効にする」を参照してください。

マルチレベルレビューの再割り当ては、現在のレビューレベルでのみ行われます。たとえば、レビュアーが第1レベルのレビュアーのレビューアイテムを割り当てすると、新しいレビュアーは、第1レベルのレビュアーとみなされます。元の第2レベルのレビュアーは、そのまま変わりません。

キャンペーンでセルフレビューが無効になっている場合、管理者は、自分自身のレビューアイテムを承認、取り消し、または再割り当てすることはできません。

始める前に

  • スーパー管理者またはアクセス認定管理者ではないレビュアーが再割り当てを行うには、アクティブなキャンペーンで少なくとも1つのアイテムがそのレビュアーに割り当てられている必要があります。
  • 管理者ロールを管理するキャンペーンのレビューアイテムを再割り当てするには、スーパー管理者としてサインインします。

このタスクを開始する

  1. Okta End-User Dashboardで[Okta Access Certification Reviews(Oktaアクセス認定レビュー)]をクリックします。
  2. [My reviews(担当のレビュー)]ページで[Open(開く)]タブに移動し、アクセス認定キャンペーンを選択します。
  3. 新しいレビュアーに再割り当てする1つ以上のレビューアイテムを選択し、[Reassign(再割り当て)]をクリックします。それを別のユーザーに再割り当てするには、レビューアイテムを個別に選択します。レビューのためにグループまたはグループ所有者に割り当てられたアイテムを再割り当てできるのは、スーパー管理者またはアクセス認定管理者のみです。
  4. レビューアイテムの割り当てが必要なレビュアーを選択します。キャンペーン作成者がキャンペーンの[Disable self-review(セルフレビューを無効にする)]オプションを選択した場合、あなたもレビュアーも自分自身のレビューアイテムのレビュアーとしてユーザーを選択できません。
  5. 再割り当てのビジネス上の正当性を入力します。
  6. [Reassign(再割り当て)]をクリックします。

キャンペーンの所有者がメール通知をセットアップした場合、レビューアイテムが割り当てられたことが新しいレビュアーに通知され、変更のビジネス上の正当性が表示されます。

レビュアーがレビューアイテムを再割り当てすると、[マイキャンペーン]ページの[終了済み]タブでそれを表示できるようになります。割り当て先が未決定のレビューアイテムを誰に再割り当てするべきか判断できないときは、過去のレビュー済みアイテムの再割り当て履歴を確認すると役立ちます。

関連項目

キャンペーンレビュー