タスクの管理

承認者は、何を誰のために承認するかを理解できるように、リクエストの明確な可視性とコンテキストを必要とします。要求者がリクエストを送信すると、リクエストタイプの構成に基づいてタスクが自動的に承認者に割り当てられます。承認者は、リクエストタイプ、割り当て先、チーム、タグ、フォロワーなどのリクエストの詳細を表示できます。承認者がリクエストタイプを所有するチームの一員であるか、リクエストの割り当て先でもある場合は、リクエストを変更することもできます。承認者はリクエスト内から要求者とチャットできます。

アクセスリクエストウェブアプリからタスクを管理する

承認者がアクセスリクエストウェブアプリからタスクを承認または拒否するには、以下の手順に従います。

  1. 承認者がエンドユーザーダッシュボードからOktaアクセスリクエストウェブアプリに移動します。

  2. [Inbox(インボックス)]を選択し、[Open(オープン)]タブに移動して承認待ちのタスクを表示します。

  3. 彼らはリクエストを選択し、リクエストの詳細(リクエストタイプや要求者の情報など)をレビューします。

    ユーザーが他者のリクエストを送信した場合、[Requested By(リクエスト送信者)]フィールドにはリクエストの作成者が表示され、アクセスを要求したユーザーは[Requester(要求者)]に表示されます。

  4. 任意。中央のペインで要求者から提供された次の情報を確認します。

    1. [Actions(アクション)]タブの[Questions(質問)]セクションにある、要求者から送信されたレスポン

    2. [Activity(アクティビティ)]タブのアクティビティログ。

    3. リクエストの右側のパネルにあるチャットのメモ。承認者は要求者にチャットで詳細を尋ねることもできます。

  5. 適切なオプションを選択してリクエストを承認または拒否します。選択肢はタスクタイプに応じて異なります。

    • 承認タスク:[Approve(承認)]または[Deny(拒否)]をクリックします。

    • カスタムタスク:[Done(完了)] をクリックします。

    • アクションタスク:[Run(実行)]または[Mark as complete(完了としてマーク)]をクリックします。[Mark as complete(完了としてマーク)]をクリックすると、Oktaでアクションが一切実行されることなくタスクが解決します。

承認者がタスクに対してアクションを実行した後、リクエストが自動アクション待ちの状態である場合、Oktaはリクエストを[Pending(保留中)]タブに移動します。

自動化されたタスクが完了しないときは、リクエスト内の質問とその他のタスクが完了していることを確認します。リクエストの割り当て先が不足している情報を入力すると、アクセスリクエストは自動的にタスクを実行します。リクエストの割り当て先は、[Run manually(手動で実行)]をクリックして委任されたワークフローを実行することも、[Mark as complete(完了としてマーク)]をクリックしてフローを実行せずにタスクに完了のマークを付けることもできます。

関連トピック

リクエストの作成