クラウドインフラストラクチャの資格の検出と分析

この機能は、無料トライアルで利用できます。その他の情報については、「製品サブスクリプションリファレンスガイド」を参照してください。

クラウドインフラストラクチャの資格の検出と分析は、資格を通じてユーザーがアクセスできるクラウドインフラストラクチャを自動的に決定します。Okta Privileged Access管理者は、この機能を利用することでクラウドインフラストラクチャアプリケーション内の高価値リソースのリスクを判断し、そのリスクを緩和する対策を講じることができます。

現時点で、この機能はAWSのみをサポートします。これにより、チームはAmazon Relational Database Service(RDS)へのアクセス権をユーザーに付与する資格を分析できます。

クラウドプロバイダー接続

Okta Privileged Accessが資格分析ジョブを作成して実行できるように、クラウドプロバイダーに接続します。「AWSアカウントを接続する」を参照してください。

資格分析

潜在的なリスクを緩和できるように、アクセスが過剰に許可されているクラウドリソースを特定します。「資格分析」を参照してください。

関連項目

AWSアカウントを接続する

資格分析

制限事項