Linuxでのユーザー管理

次の表は、Okta Privileged AccessがLinuxサーバー上のユーザーを管理する方法を示しています。

領域
ユーザー名

デフォルトでは、Okta Privileged Accessは最も制限的なLinux命名規約に従ってサーバーユーザー名を作成します。ユーザー名には、小文字(a-z)、数字(0-9)、ダッシュ(-)、アンダースコア(_)を含めることができ、予約名は使用できず、最大長32文字に制限されます。ユーザー名の競合が発生した場合、サーバーのユーザー名に番号を追加することで、ユーザーの区別が試行されます。

サーバーアカウントの権限

ユーザーが各自のアカウントでサーバーリソースにログインするときに割り当てられる権限は、エンドユーザーの非管理権限に制限されます。

ユーザーの作成

Linuxでは、ユーザーの作成と構成にはuseraddgroupmodなどの標準ツールが使用されます。

ユーザーとグループの更新

ユーザーとグループの更新の管理には、usermodgroupaddgroupmodなどの標準ツールが使用されます。

ユーザーの削除

ユーザーの削除にはuserdelが使用されます。