RingCentralとOktaを統合する

  1. 前もってRingCentralアプリがOktaに追加されていない場合、ここで追加します。
    1. Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)][Applications(アプリケーション)]に移動します。

    2. [Add Application(アプリケーションの追加)]をクリックします。
    3. [Search for an application(アプリケーションの検索)]フィールドにRingCentralと入力します。
    4. RingCentralで[Add(追加)]を選択します。
    5. [General Settings(一般設定)]ページのフィールドに入力し、[次へ]をクリックします。
    6. [Sign-On Options(サインオンオプション)]ペインの[Sign On Methods(サインオン方法)]で、サインオンのオプションを選択します。[SAML 2.0]を選択した場合、[View Setup Instructions(セットアップ手順を表示)]をクリックして指示に従います。
    7. [完了]をクリックします。
  2. 以前にRingCentralアプリを追加した場合、Okta Admin Console[Applications(アプリケーション)]をクリックし、アプリケーションのリストからRingCentralを選択します。
  3. [プロビジョニング]タブをクリックし、[Configure API Integration(API統合を構成)]をクリックして[Enable API Integration(API統合を有効化)]チェックボックスを選択します。
  4. 任意。RingCentralグループをOktaに追加したくない場合、[Disable Import Groups(グループのインポートを無効化)]ダイアログボックスで[Import Groups(グループをインポート)]チェックボックスをオフにして[続ける]をクリックします。
  5. [Authenticate with RingCentral(RingCentralで認証)]をクリックします。

RingCentralサインインウィンドウが現れます。

  1. メールアドレスまたは電話番号を入力し、[次へ]をクリックします。
  2. オプションで内線番号、パスワードを入力し、[Sign In(サインイン)]をクリックします。
  3. 任意。OktaからRingCentralへのプロビジョニング設定を編集します。

    1. Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)][Applications(アプリケーション)]に移動します。

    2. 検索フィールドにRingCentralと入力します。
    3. 編集したいRingCentralアプリでRingCentralリンクをクリックします。
    4. [プロビジョニング]タブをクリックし、[設定]リストから[To App(アプリへ)]を選択します。
    5. 右ペインで[編集]をクリックし、設定を編集して[保存]をクリックします。
  4. 任意。RingCentralからOktaへのプロビジョニング設定を編集します。

    1. [設定]リストで[To Okta(Oktaへ)]を選択します。
    2. 右ペインで[編集]をクリックし、設定を編集して[保存]をクリックします。
  5. 任意。ユーザーをRingCentralアプリに割り当てます。「アプリケーションをユーザーに割り当て」を参照。

次の手順

RingCentralの双方向属性同期を有効にする