スーパー管理者

スーパー管理者は、最高レベルのOkta権限です。スーパー管理者は、orgのすべての管理アクティビティを実行し、完全な管理アクセス権を持ちます。

スーパー管理者は次のことができます。

  • ほかの管理者を作成する
  • ほかの管理者を編集する、または取り消す
  • エージェント(ADエージェントなど)をインストールし構成する
  • Okta・AD・LDAPグループにロールを割り当てる
  • Oktaサポートにアクセス権を付与する
  • セルフサービス登録の有効化
    • 廃止通知:この機能はOkta Classic Engineから廃止される予定です。この機能は将来のリリースから削除されます。ご質問やご不明な点がございましたら、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)またはOktaサポートにお問い合わせください。

  • 管理者グループにユーザーを追加する
  • メールとSMSのテンプレートを編集する
  • 管理者ロールのメール通知を構成する
  • 監査の目的でCSVファイルをダウンロードする(ユーザー名、権限、最終サインインなどの管理者データを含む)
  • セルフサービスのEA機能とベータ版を有効にする
注

orgごとに少なくとも1名の個人にスーパー管理者を割り当てる必要があるという点に注意してください。スーパー管理者が割り当てられた個人が1名しかいない場合、そのスーパー管理者権限を編集したり取り消したりすることはできません。

関連項目

標準的な管理者ロールと権限

ヘルプデスク管理者を構成する

第三者管理者を構成する