CSVファイルを使用してユーザーをアプリに割り当てる

プロビジョニングが有効な場合、CSVファイルを使用してユーザーを特定のアプリに割り当てることはできません。CSVテンプレートは、Profile Editorで定義された属性を使用します。ベース属性のusername、firstname、lastname、emailが含まれていること、Oktaにマッピングされていること、およびデフォルトのデータ型であるStringが使用されていることを確認します。

  1. Admin Console[Directory(ディレクトリ)][Profile Editor(プロファイルエディタ)]に進みます。
  2. [Search(検索)]フィールドにアプリケーションの名前を入力します。
  3. アプリの[Profile(プロファイル)]をクリックし、[Filters(フィルター)]リストの[Base(ベース)]をクリックします。
  4. 任意。[Add Attribute(属性の追加)]をクリックして、username(ユーザー名)、firstname(ファーストネーム)、lastname(ラストネーム)、email(メール)の各属性が足りない場合は追加します。Oktaに属性とマッピングを追加するには、「プロファイルを管理する」をご覧ください。
  5. 任意。[FILTERS(フィルター)]リストの[Custom(カスタム)]をクリックし、[Add Attribute(属性の追加)]をクリックして、カスタム属性を追加します。
  6. [Mappings(マッピング)]をクリックして、アプリからの新しい属性をOktaにマッピングします。
  7. [Applications(アプリケーション)][Applications(アプリケーション)]をクリックし、[Search(検索)]フィールドにアプリケーションの名前を入力します。
  8. アプリのリンクをクリックし、[Import(インポート)]タブをクリックします。
  9. [Import from CSV(CSVからインポート)]をクリックします。ボタンに[Import Now(今すぐインポート)]と表示されている場合は、アプリのプロビジョニングが有効になっています。
  10. [Import Users from CSV(CSVからユーザーをインポート)]ウィンドウで、[CSV Template(CSVテンプレート)]リンクをクリックします。

テンプレートに、以下に当てはまるすべての属性の列が自動入力されます。

  • アプリのAppUserスキーマで定義されている各属性
  • アプリからOktaにマッピングされている各属性
  1. CSVファイルをCSV UTF-8形式で保存します。
  2. [Browse(参照)]をクリックして、手順11で作成したCSVファイルの場所を参照します。
  3. [Upload CSV(CSVのアップロード)]をクリックして、CSVファイルをアップロードします。検証プロセスで、ファイルの形式が正しいことが確認されます。
  4. エラーがあれば修正し、成功のメッセージが表示されたら[Next(次へ)]をクリックします。
  5. [Import Users from CSV(CSVからユーザーをインポート)]ウィンドウで、以下のオプションのうち1つを選択します。
    • [Automatically activate new users(新しいユーザーを自動的にアクティブ化)]:新たにインポートされたユーザーが自動的にアクティブ化されます。

    • [Do not create a password and only allow login via Identity Provider(パスワードを作成せず、IDプロバイダー経由でのみログインを許可します)]:新しくインポートされたユーザーには、アクティベーションメールが送信されたり、Oktaパスワードの設定を求められたりすることはありません。このオプションは、外部IDプロバイダーを介して認証するユーザーのみが使用することを推奨します。
  6. [Import Users(ユーザーのインポート)]をクリックします。

OktaはCSVファイルが正しくフォーマットされ、すべての属性要件が満たされているか検証します。新規ユーザー数、アップロードされたユーザー数、未変更のユーザー数、およびエラーが発生したユーザー数のリストが概要に一覧表示されます。エラーが見つかった場合、[Download(ダウンロード)]リンクをクリックしてエラーレポートを表示します。

インポートの概要には、さらなるレビューやアクションが必要なインポートユーザーの詳細が記載されています。