プロビジョニングページでアプリケーション属性をマッピングする

Okta Universal Directory(UD)は属性の信頼できる唯一のソースを維持しますが、各プロビジョニング対応アプリの[Provisioning(プロビジョニング)]ページで追加マッピングを定義できます。アプリケーションベースの属性マッピングは以下の利点があります。

  • 個別のマッピング ― 自身のウィンドウで単一の属性をマップします。
  • 固定リスト属性をサポート – メニューまたはリストを使用して固定リスト属性をマップします。
  • サンプル値が自動的に表示 – マッピングを表示したり変更を加えると、現在のユーザーの値が自動的にOktaからアプリ方向に表示され、最初のアプリユーザーの値が自動的にアプリからOkta方向に表示されます。
  • 警告 – 必要なフィールドがマップされていない場合、警告が表示されます。
  • フィールド並べ替え – 必須およびマップされたフィールドが、マップされていない任意のフィールドの上に表示されます。
  1. Admin Console[Applications(アプリケーション)][Applications(アプリケーション)]に移動します。
  2. アプリケーションリストからアプリケーションを選択します。
  3. [Provisioning(プロビジョニング)]タブをクリックして[Settings(設定)]リストから以下のオプションのうち1つを選択します。
    • [To App(アプリへ)]Oktaからアプリケーションへ属性をマップする場合は[To App(アプリへ)]を選択します。
    • [To Okta(Oktaへ)]— アプリケーションからOktaへ属性をマップする場合は[To Okta(Oktaへ)]を選択します。
  1. 下にスクロールして[Attribute Mappings(属性マッピング)]セクションに移動します。
  2. 任意。[Show Unmapped Attributes(マップされていない属性を表示)]をクリックすると、マップされていない属性が表示されます。
  3. 編集アイコンをクリックして属性設定を追加または変更します。
  4. [Attribute value(属性値)]リストから、以下のオプションのうち1つを選択します。
    • [Same value for all users(すべてのユーザーで同じ値)]— すべてのユーザーのテキストフィールドに追加する値を入力します。
    • [Map from Okta Profile(Oktaプロファイルからマップ)]— Oktaプロファイルからマップするフィールドを選択します。
    • [Expression(式)]— Okta Expression Languageを使用してマッピングを定義します。参照または列挙データ型を使用するマッピングを定義する場合、評価される値が割り当てられたアプリで定義されたセットの範囲内にあることを確認してください。これらの値が一致しない場合、アプリケーションの割り当ては失敗します。以下のデータ型が利用できます。
      • 文字列 — ゼロまたはそれ以上のUNICODE文字の並び(文字・数字および/または句読点)
      • 数値 — Java 64-ビットDouble形式の浮動小数点数
      • ブール値 — true、false、またはnullデータ値を格納
      • 整数 — Java 64-ビットLong形式の整数
      • 参照型 — アプリケーションによって定義された特定セット内に値が属する文字列
      • 文字列の配列 — 文字列のシーケンシャルコレクション
      • 数字の配列 — 数字のシーケンシャルコレクション
      • 整数の配列 — 整数のシーケンシャルコレクション
      • 参照の配列 — 参照文字列のシーケンシャルコレクション
      • 列挙 — 列挙された値のリストを定義し、ブール型以外のすべてのデータ型をサポートします。これは早期アクセス機能です。有効にするには、Oktaサポートにお問い合わせください。
  1. [Apply on(適用のタイミング)]で以下のオプションから1つ選択します。
    • [Create(作成)]— ユーザープロファイルが作成された時にマッピングを適用する場合はこのオプションを選択します。
    • [Create and update(作成・アップデート)]— ユーザープロファイルが作成またはアップデートされた時にマッピングを適用する場合はこのオプションを選択します。
  1. [Save(保存)]をクリックします。
  2. 任意。[Force Sync(強制的に同期)]をクリックすると、保存済みの新規またはアップデート済みのマッピングが直ちに適用されます。