Microsoft Office 365アプリケーションを有効にする

エンド・ユーザーがMicrosoft Office 365アプリ統合を介して新しいアプリケーションを利用できるようにするは、Oktaでアプリケーションを有効にする必要があります。

  1. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。

  2. Office 365アプリ統合を開きます。
  3. [General(一般)]タブで、[Edit(編集)]をクリックします。
  4. [Display the following links(次のリンクを表示)]セクションまで下方にスクロールします。
  5. エンド・ユーザー向けに有効にするアプリケーションの横にあるチェックボックスをクリックします。

    たとえば、Microsoft Teamsを追加する場合は、次のようにします。

  6. [Save(保存)]をクリックします。

Yammer、CRM、TeamsなどのOAuthアプリでAPI認証情報を使用するには、管理者が承諾していることを示す必要があります。「Microsoftに管理者の承諾を示しOktaでの認証を可能にする」を参照してください。