Office 365のプロビジョニングオプション

この項目では、OktaのOffice 365アプリインスタンスで使用できるさまざまなプロビジョニングオプションについて説明します。

サポートされる操作 プロビジョニングオプション
ライセンスとロールの管理のみ プロファイル同期 ユーザー同期 Universal Sync1
ユーザーをプロビジョニングする
ライセンスおよびロールをプッシュする はい はい はい はい
ユーザーを作成する いいえ はい はい はい
ユーザーをディアクティベートする はい はい はい はい
Office 365内から直接ユーザーを編集する はい2 はい いいえ3 いいえ4
プロファイル属性を同期する5を参照してください。
基本ユーザープロファイル属性を同期する いいえ はい6 はい はい
基本属性に加えて限られた数の拡張属性を同期する いいえ いいえ はい はい
すべての拡張属性を同期する いいえ いいえ いいえ はい
Active Directoryグループおよびリソースを同期する7「グループプッシュを使用する」を参照してください。
セキュリティグループを同期する いいえ いいえ いいえ はい
連絡先を同期する いいえ いいえ いいえ はい
配布リストを同期する いいえ いいえ いいえ はい
リソースメールボックスを同期する いいえ いいえ いいえ はい
情報
  • ユーザー同期とUniversal Syncはディレクトリの同期、Azure Active Directory(AAD)Sync、Azure Active Directory Connectでは使用できません。
  • ユーザー同期またはUniversal Syncを選択した後は、orgでMicrosoft Graph API機能が有効になっている場合を除いて、選択内容を変更してプロファイル同期に戻すことはできません。
  • Exchangeハイブリッドは現在サポートされていません。