アプリ統合にノートを追加する

作成時に、または後からいつでもアプリ統合にノートを追加して、エンドユーザーやほかの管理者とやり取りすることができます。アプリ統合のノートは、展開と利用の向上だけでなく、ヘルプデスクへの問い合わせ削減、トラブルシューティングへの支援、エンドユーザーのセルフサービス増加にもつながります。

ノートを利用すると、次のようなコミュニケーションが容易になります。

  • [Application notes to end users(エンドユーザー向けアプリケーションノート)]:管理者が、アプリケーションの目的、ヘルプの問い合わせ先、関連情報のリンクなど、エンドユーザーに役立つ情報を提示できます。
  • [Application notes to admins(管理者向けアプリケーションノート)]:管理者が、アプリ統合に関する管理情報を、ほかのスーパー管理者、アプリ管理者、読み取り専用管理者、モバイル管理者と共有できます。
  1. Okta Admin Consoleで、[Applications(アプリケーション)]>[Applications(アプリケーション)]に移動します。

  2. ノートを追加するアプリ統合をクリックします。
  3. [General(一般)]タブをクリックします。
  4. エンドユーザー向けの場合は、[Application notes for end users(エンドユーザー向けアプリケーションノート)]フィールドにテキストを入力します。アプリ統合にエンドユーザー向けのノートがある場合、テキストは、エンドユーザーのダッシュボードに表示されるアプリ統合の設定パネルに表示されます。
  5. 管理者向けの場合は、[Application notes for admins(管理者向けアプリケーションノート)]フィールドにテキストを入力します。このテキストは、このアプリ統合の設定ページで管理者が利用できます。
  6. [Save(保存)]をクリックします。
注
  • メモは250文字以内にする必要があります(スペースを含む)。
  • リンクやメールアドレスを入力する場合は、そのままフィールド内に入力します。これらは、保存後、ノートでリンクに変換されます。サポートされているリンクプロトコルは、http、https、ftpです。
  • 管理者間のノートは、スーパー管理者、アプリ管理者、読み取り専用管理者、モバイル管理者にのみ表示されます。
  • HTMLタグはサポートされません。
  • カスタムOIDCアプリ統合はサポートされていません。
  • ユーザーがOkta End-User Dashboardのアプリカードにカーソルを合わせたときに、アプリノートが表示されます。