アプリ統合を非アクティブ化する

次のいずれかの方法でアプリ統合を非アクティブ化できます。

方法1:

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > [アプリケーション]に移動します。
  2. [ステータス]列で[アクティブ]タブをクリックし、非アクティブ化するアプリ統合を見つけます。
  3. 対象のアプリ統合の横にある[アクション]ドロップダウン・メニューから、[非アクティブ化]を選択します。

方法2:

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > [アプリケーション]に移動します。
  2. 非アクティブ化するアプリ統合を見つけ、その名前をクリックして設定ページを開きます。
  3. [アクティブ]ドロップダウン・メニューをクリックし、[非アクティブ化]を選択します。
ヒント

Okta Apps APIの非アクティブ化エンドポイントを呼び出してアプリ統合を非アクティブ化することもできます。詳しくは、「アプリケーションを非アクティブ化する」を参照してください。

非アクティブ化したアプリ統合は、完全に削除されるまでは管理コンソールの[アプリケーション]ページ、[非アクティブ] タブに表示されます。詳しくは、アプリ統合を削除するを参照してください。

アプリ統合を非アクティブ化すると、その時点でOktaにサインインしているユーザーがダッシュボードのアプリ統合タイルをクリックした場合にエラー・メッセージが表示されます。アプリ統合は次回サインインしたとき、またはエンド・ユーザーがブラウザーのページを更新したときに、OktaによってEnd-User Dashboardから削除されます。

アプリケーションを再アクティブ化するには、アプリ統合の横にある[アクション]ドロップダウン・メニューから[アクティブ化]を選択します。

後でアプリ統合を再度アクティブ化すると、ダッシュボードの更新後にエンドユーザー・ダッシュボードにアプリが表示されます。

関連項目

アプリ統合を削除する