フェデレーション・ブローカー・モードを有効化

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

フェデレーション・ブローカー・モードを有効化すると、明示的なアプリの割り当てが削除されるため、インポートのパフォーマンスが向上します。アプリのアクセスはサインオン・ポリシーとアプリケーションの認可ルールによって管理されます。

多数のグループを割り当てている場合、フェデレーション・ブローカー・モードを有効にすると相当量の処理リソースが消費され、完了までに多大な時間がかかる可能性があります。

  1. 管理コンソールで、[アプリケーション] > に移動します。 [アプリケーション]
  2. 任意:[検索]フィールドにアプリケーション名を入力します。
  3. アプリケーションのリストでアプリケーション名をクリックします。選択するアプリはカスタムのSAMLアプリまたはOIDCアプリである必要があります。
  4. [サインオン]タブをクリックします。
  5. [フェデレーション・ブローカー・モード]エリアの位置まで下にスクロールします。
  6. [フェデレーション・ブローカー・モードを有効化]をクリックし、[フェデレーション・ブローカー・モード]ダイアログ・ボックスの情報を読んだうえで[フェデレーション・ブローカー・モードを有効化]をクリックします。