フェデレーション・ブローカー・モードの既知の制限

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

フェデレーション・ブローカー・モードには次のような既知の制限があります。

  • フェデレーション・ブローカー・モードはカスタムのSAMLアプリ統合およびOIDCアプリ統合でのみ使用できます。OINで提供されている統合では使用できません。
  • このモードを使用する場合、アプリ統合のプロビジョニングは有効化されていません。
  • [プロビジョニング][インポート][グループ・プッシュ][モバイル]などのサポート対象外のタブは、非表示になっています。
  • SP開始フローでのみユーザーはアプリを使用できます。
  • フェデレーション・ブローカー・モードが有効になる前にアプリが割り当てられた場合、既存のアプリ・データは失われる可能性があります。Oktaからアプリ・ユーザーのプロファイルへのマッピングには影響はなく、ユーザーがアプリにサインインすると再構築されます。
  • アプリはOkta End-User Dashboardには表示されません。
  • アプリの[割り当て]タブにはユーザーの割り当ては表示されなくなりました。
  • 割り当てができないアプリがあります。
  • [現在の割り当て]レポートと[最近の割り当て解除]レポートは利用できません。