アプリの統合について

このセクションでは、Oktaアプリの統合の基礎と使用法について詳しく説明します。

アプリの統合とは、Oktaと外部アプリケーションとの間で構成された接続です。

これらのアプリ統合は、Okta Integration Network(OIN)で利用可能な場合は事前構築されているか、またはApp Integration Wizard(AIW)を使用して管理者または開発者がカスタムメイドしています。接続の詳細を構成した後、管理者はそれをOkta orgのグループまたは個々のユーザーに割り当てることができます。管理者は、該当するすべてのユーザーのOkta End-User Dashboardにアプリ統合を追加できます。

シングルサインオン(SSO)

シングルサインオンを使用すると、ユーザーは1組の認証用の資格情報だけで複数のシステムにサインオンできるようになります。ユーザーがOktaタイルをクリックすると、自動的に該当の外部アプリケーションに接続されます。「シングルサインオン」を参照してください。

Oktaでサポートされている主なSSOプロトコルは次の4つです。

プロビジョニング

一部のアプリ統合は、Okta Lifecycle Managementのプロビジョニング機能もサポートしています。Oktaと外部アプリケーション間の通信には、System for Cross-domain Identity Management(SCIM)プロトコルが使用されています。詳しくは、「SCIMアプリ統合」を参照してください。

トピック