Okta Browser Pluginのインストールとアップグレードを管理する

Okta Browser Pluginを構成して、プラグインのインストールとアップグレード、および一部のブラウザーの動作を管理できます。このオプションは、エンド・ユーザーが自分のコンピューターにOkta Browser Pluginをインストールまたは管理することができない、ロックダウンされた環境で役立ちます。

次の設定は、[設定] > [カスタマイズ] > [一般] > [Oktaブラウザー・プラグイン] > [編集]で構成できます。

 

1. エンド・ユーザーに対してプラグインのインストール/アップグレード・メッセージが表示されないようにする

 

オプション 結果
はい

ユーザーにOkta Browser Pluginのインストールまたはアップグレードを求めるメッセージが非表示になります。

このオプションを有効にした場合、エンド・ユーザーがOktaダッシュボードからSWAアプリにアクセスするには、デバイスにブラウザー・プラグインをインストールする必要があります。

いいえ

Okta Browser Pluginのインストールまたはアップグレードが求められます(まだ実施していない場合)。

注:組織はデフォルトで[いいえ]オプションを使用します。

 

2. グループのOktaツールバーを有効にする

この設定を使用して、ツールバーを使用してOkta外部のアプリにアクセスできるグループを指定します。

 

3. 新しい組織にアクセスしたときにエンド・ユーザーに警告する

 

オプション 結果
警告を表示しない

エンド・ユーザーがプライマリー組織ではない組織にログインしようとしたときに警告を表示しない場合に選択します。

警告を表示 エンド・ユーザーがプライマリー組織ではない組織にログインしようとしたときに警告を表示する場合に選択します。
組織を指定する エンド・ユーザーがアクセスを許可される組織のホワイトリストを、最大10個まで作成できます。現在の組織は自動的にホワイトリストに追加されます。ドロップ・ダウン・リストからOktaドメインを選択します。